ブログ 不動産投資

家賃滞納

コロナウイルスによる経済的ダメージがホテルや旅館、観光、飲食だけに
及んでアパートには関係ないと考えている大家さんは多いと思いますが
リーマンショックの時でさえアパートの家賃が払えなくなる入居者が続出
しました。

当時、家賃保証会社も数社倒産したくらいです。
今回のコロナウイルス禍では規模と範囲ではリーマンショックどころでは
ないと思います。

実は僕が所有している川崎のアパートで賃料が払えなくなり待って欲しいと
いう入居者が既に現れました。
更にもう一人退去したいと通知がありました。
転居先は僕のアパートに住む前に居た実家に戻ることになってました。

これが始まると、数年前まで主流だったオーバーローン、フルローンで買った
アパートで退去者や滞納者が続出したらかなりきつくなります。
店舗の家賃は政府が保証しろという話はよく聞きますが、自宅アパートの
家賃の議論はあまり出てないような気がします。

身の丈に合った不動産投資というのはこんな時には威力を発揮するのは
間違いなかと、僕も含め人というのはなぜ拡大志向に走るのでしょうか。
非常時に本当に気が付きます。

タイトルとURLをコピーしました