アパート

不動産投資について

不動産投資は今はかなり認知されてきて、あちらこちらに、不動産投資の勉強会があり、大家さんから、不動産業者まで、融資が厳しくなり、再現性が無くなっても不動産投資セミナーも山ほどあります。

僕は父の急死から受け継いだ既存アパートや受け継いだ土地から新築したアパートなどを2002年からアパート管理や新築などを始めて、既に20年位になってしまいました。
アパートローンは20年前後で借りまして、総額6億円もの借り入れで、当初は完全にビビってたこは今でも忘れていません。

20年の月日が流れて、支払いのゴールもだいぶ見えて、気持ちがだいぶ楽になりました。
一口に20年と言いいますが、本当にいろいろありましたね、一番最初に融資を頼んでいた銀行が事実上倒産したりしましたが、今では考えられないのですが、メガバンク2行から融資がおりて片方に断ってしまい、担当者さんからもっと早く言えと怒られたりもしました。

その後、メガバンクでも融資がゆるくなりドンドン出たりしてましたが、突然貸しすぎか、焦げ付きか分かりませんが、急に厳しくなったのを覚えています。
それでも、土地はじりじり上がり出しましたが、そこにリーマンショックが来て、不動産業者の抱えていた土地の投げ売りも始まり、その時に勉強会を主宰してて、会員さんにコンサルで新築物件のサポートをかなりしたのが記憶に残っています。

僕の駒沢大学の土地を2002年購入時は坪あたり198万円で買ったのが、リーマンショックという未曾有の経済危機が来ても、近隣の売買事例が坪あたり250万円だったのを驚異的だと思いまして、やはり、土地は立地という価値で買うものだと再認識しました。
直近では近隣の土地が坪あたり400万円で売れて、現在新築住宅を建築中です。

しかし、事ここに至ると新築で世田谷区や目黒区で新築アパート建てるというのは完全に無理になってきました。
唯一、向いてるのは相続対策の貸家建付地による新築アパートです、これは、本当にこの地域ではバランスが良くて、相続対策では是非やるべきことだと思います。

4~6年前には地銀の融資が一気に緩み、オーバーローン、フルローンなどの不動産投資ローンが湯水のごとく沸きだし、しまいには1棟1法人など手法まで登場しましたが、今は見る影もありません、この頃中古でガンガン買った大家さんは今はどうなんでしょうか。

不動産投資は本当にいろいろありまして面白いです。
今後、サボっていたブログを再開していきますので、宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました