ブログ 融資

20年という年月は長いのか短いのか、20年ローンで買った物件についての感想

築古アパートローン返済

僕が相続ではなく、自分で不動産投資ローンを金融機関から調達してもうすぐ20年になります。
その当時ではあまり長いローンは嫌なので返済はきつくても20年の期間で契約しました。
現在、あと少しで終わりそうでちょっとほっとしています、これが35年ローンだとまだまだ先があってもしかしたらというか、かなりの確率で返済前にこちらの人生が終了してしまうかもでした。

この不動産ローンの考え方はちょっと前の不動産投資セミナーでは、ガンガン融資を受けるのが美徳だと言われた時期もありましたね、さすがに最近は金融機関も厳しくなりこの様な融資の仕方はほとんど見受けられなくなりました。
でも、借りてしまった方は結構大変だと思ったりしています。

僕が不動産投資を始めてから20年足らずで、世の中はこれだけの変化が起こりました。
これから、30年とか35年のローン返済が待っていると考えるとどの様な未来が待っているのか?
特に思いきり物件を5億円とか10億円でフルローンに近い状態で買ってしまった方は要注意かもしれません。
今から何かしらの手を打たないと安心出来ないかもしれませんね。

せめて、利回りが20%超えとかならまだ空室が出たり、賃料が20%下がったりしても何とかなりそうですけど、中古で利回り10%前後のフルローンとかオーバーローンとかは本当に厳しくなります。
冬の時代というか厳冬の時代が間違いなく来ます。

8月29日(土)
【特別企画】所沢ほどほど不動産投資セミナー

埼玉の所沢ぼろ物件を全4回に渡ってやる特別企画実践というより実戦!
築年数かなり古い物件でのセミナーです。奇跡のぼろ物件リフォームから入居までの超現場セミナーです。
セミナーお申込み

ご相談、ご質問もご遠慮なくどうぞご連絡下さい。
ご相談はこちらから

タイトルとURLをコピーしました