ブログ 相続の実践対策

三井住友銀行

僕は自宅も物件も三井住友銀行を使っていたのですが、やはりメガバンクというのは
官僚主義というか、事なかれ主義というか、減点主義というか呆れています。
工務店を無借金経営してた今は亡き父親はメインバンクを世田谷信用金庫を
メインバンクにしていた理由が分かるような気がします。

今年の1月に母親の1周忌が滞りなく終わりまして、公正証書の遺言通りに弁護士で
ある執行員が粛々と執行してくれて、土地建物の登記は無事僕を含めた相続人の
登記が終わりました。

しかし、母親名義の現金預金(総額ベンツSクラス4~5台分?笑)が三井住友銀行に
権利はないのですが実務で凍結されているのです。(顧問弁護士談)
あの~、1周忌が終わって3か月も4か月も経過しているにも関わらず預金凍結ですから。

理由はただ一つ長男からのクレームが嫌という理由だけです。
それは三井住友の担当者も遠回し言ってます。
姉と呆れてます。
最後には裁判してくれたらすぐに預金が降りると言ってるくらいですから、しかし、相続
受けたお金を公正証書の遺言あっても銀行相手に裁判しないと預金がおろせないという
事があるとは思ってもみませんでした。
やはり、地域密着信用金庫がいいですね。

親がある程度お金を持っていて、兄弟と相続争いが起きそうな予感がしてる方は親に
相談して預金先を変えるのも良いかもしれませんね。
相続が発生してからでは、えらい目にあいます。
白岩、一つお利口になりました。(笑)

タイトルとURLをコピーしました