その他

相談案件3

2021年4月10日ワンルームマンション投資のご相談

サイトから相談申し込み頂き、直近の相談案件について書かせてもらっています。

今回のご相談は、区分所有のワンルーム投資用マンションを7つお買いになって、トータルではトントンだということになるが、場合によっては固定資産税とか支払うと赤字になってしまうとのことです。
この先は間違いなく赤字になる恐怖を感じてるとのことです。

資料を見せて頂いたのですが、10年前から買ってました。
その物件は中目黒や明大前という最高の立地なので、1千7百万円とか1千8百万円で買えてたので、手のこりが半分近くあります。

この2つの案件でやめておけばまだ安泰だったとは思うのですが、その先は不動産屋の営業マンは、そうは問屋が卸してくれない状態になりますね。
それはそうです、彼らは猟犬です、人が良いサラリーマンさんはカモ君になってしまいます。

直近、2つ買い増して計7戸の区分所有のオーナーになり、めでたしめでたしというところですが、そうではなく、ちょっとヤバい感じになってきました。
噂にはきいてましたが、現在サラリーマンに普通に融資が出るのはワンルーム投資だけだと、本当に融資が簡単におりています。
ノンバンクなので自由なんですね、、、、、2800万とか2900万のワンルーム投資が頭金50万円とかで良いんです。
35年ローンがです、これは買いやすいですね。
でも、手のこりがないんです、というか既にマイナスになっています。

それで、売却したいと考えるとオーナーチェンジでは最低10%以上でないと投資家は買ってくれないと思います。
4%のものを10%で売ると幾ら銀行に追い金払えば担保抜いてくれるかということです。
試しに計算してみて下さい。
この営業マンはいつでも買い取ると言ってたそうです。
販売価格で買い取ってくれたらよいですね。(棒読み)

取り合えす、先ずは交渉してみてもらいます。
この直近購入された物件次第で今後の展開が決まります。
不動産や建築というのは、非対称性がもの凄いです、これは業者側がもの凄く知識と経験を持ってて、全く知識と経験ない消費者にどんどん仕掛けてきます。
本当に、冷静な判断が必要だと思います。

少数精鋭の実践勉強会
» 世田谷、目黒にアパートを建てる会

タイトルとURLをコピーしました