ブログ インバウンド

365日営業中

昨夜、雑誌の編集長さんと会食しまして、その席で民泊の話が出ました。
編集長さんは不動産投資の素養がある方なのですが、民泊と簡易宿所が
ちょっとごちゃ混ぜになっていましたので、丁重に説明したらとっても
理解して頂きました。

編集長さん曰く民泊と簡易宿所の違いを皆さんにきちんと説明した方が
良い、何だったら合法民泊(簡易宿所)学校を立ち上げて欲しい。
アパートとの違いが一発で分かる様になると良いとも言ってました。
近いうちに合法民泊(簡易宿所)スクール立ち上げます。(かもです)

Airbnbに代表されるのは民泊で民泊新法では上限180日と定められますが
自治体によって全く変わります、それこそ60日から180日までありますが
京都などは少し前のデータですが、届出がなく、四国4県は届出が20件で
受理が0です。62000部屋のAirbnb物件が何部屋の稼働になるのでしょうか。

これに対して簡易宿所は365日営業OKです。
これは、物件所有者にとってはとても良い事ですし、Airbnbとは稼働率や
部屋単価が違います。
だからこそ、堂々と簡易宿所をやるべきだと思っています。

タイトルとURLをコピーしました