所有地の収益化

所有地の収益化

マイホームの収益化

あなたの足下には札束があります。
これは大げさでなく、ちょっとした思考の変化で体現できます。

ご自身が昔買ったマイホームで、住宅ローンがそろそろ終わりになり、ご自身のリタイアも迫っているとします。
駅から徒歩圏で40坪前後の土地があれば、6世帯のアパートを新築することが出来ます。

駅にもよりますが、6世帯で60万円から66万位の賃料を稼ぎだすことが出来るのです。
金融機関の融資も土地から頭金を出してアパートを新規に取得することに比べたら、土地所有なので地主扱いなので圧倒的に有利になり、晩年最晩年には年金+αとなります。

それぞれの感性によりますが、あえて全て賃貸住宅にして駅に近い立地に賃貸マンションを借りる、親の自宅に同居する、田舎暮らしをするという選択肢も広がります。
ちょっとした意識の変化で、ご自身のマイホームが最高の収益物件になる可能性がありますので、一度考えてみて下さい。

親の自宅を相続した場合

ご自身が都内にマイホームを持っていて、親の自宅を相続した場合は圧倒的に有利になります。

現在、計画中ですが、親の残してくれた湘南にある40坪弱の土地に4世帯の吹き抜けアパートを新築して、ご自身が早期リタイアして4部屋のアパートのうち1部屋に単身で住み、残り3部屋は旅館をご自身で運営していきたいということです。
この場合はコロナが収束してインバウンドが復活するという前提条件なんですが、ご自身で運営すると経費がほとんどかかりませんし、宿泊客と親近感があれば口コミも増えまして、収入も見込めます。
最晩年にはもとの4世帯の普通のアパート運営に戻れて自由になれますね。

この様にマイホームとか親の家とかが、お荷物ではなく圧倒的に有利な収益化に変身することが出来ます。

ご相談はこちらまで

タイトルとURLをコピーしました