白岩貢プロフィール

プロフィール

1959年、世田谷で工務店経営者の次男として生まれる。
大学在学中に世田谷区内にて、珈琲専門店を経営していたが、世の中のバブルに浮かれて株式投資の信用取引に手を出しバブル崩壊と共に人生も崩壊。
夜逃げ、離婚、自己破産を経てタクシー運転手になり10年、個人タクシー事業許可を取得したが、父親の急死により、土地の相続を受けアパート運営に乗り出す。
生まれ育った世田谷区、目黒や浅草、京都市内などのブランド立地に吹き抜け型アパート、賃貸併用住宅、シェアハウス、簡易宿所などの建設をサポートしている。
また、2004年から累計380棟を超える企画、アドバイスをしている。
これまで18年間の失敗と成功から導き出した不動産投資手法身の丈不動産投資を推奨する。
身の丈不動産投資を実践する為の「身の丈不動産投資勉強会」を主宰して、実践的にサポートしている。
自身も世田谷、目黒を中心とした7棟と戸立て賃貸60余室の大家である。

白岩貢への相談

» お問合せ・ご相談はこちらから

所有物件

著書 (累計18冊)

2021年5月発売

2021年5月10日発売「金持ち」相続・貧乏相続
ごま書房新社

2020年9月発売

「ポストコロナ時代の "新" 大家戦略! 堅実にお金を殖やす "身の丈" 不動産投資」ごま書房新社刊
ごま書房新社
白岩貢著書

著書一覧はこちら

ご相談のご案内

人生の晩年、最晩年も楽しく安心して過ごせる様にほどほどに豊かになるためにはどうしたらよいか?
この身の丈に合った不動産投資というのは、早期退職された方の言葉に触発されました。
その言葉は、
「サラリーマンは退職してから年金+20~30万あれば十分、そんな金も要らない。
郊外に4~6世帯のアパート1棟も持ってれば十分ですわ。」
でした。

地主でない人が不動産投資をするのに数億も投資せずに身の丈にあったほどほどの不動産投資をするのがストレスなくて良いかと思います。

ご相談、ご質問も随時お受けしているのでご遠慮なくどうぞ。

» ご相談はこちらから

タイトルとURLをコピーしました