最新ブログ

依頼された土地探しと現地調査について

2020年10月26日土地探しブログ

依頼されている新築物件の土地を探しています。
今回は初心に返っていますので、協力者に探してもらい、情報(マイソク等)もらうとそれをチェックしてこれというものは実際に駅から歩いて見に行きます。
実際に見に行くのはたぶん20件に1件くらいな感じです。
協力者は馴染みの不動産屋から知人までとにかく探してもらっています。

賃貸併用住宅用地から小ぶりのアパートから世帯数10を超えるアパートまで頼まれています。
このコロナ禍での依頼は嬉しい限りです。
一応、宅建業を持っていますので、土地の仲介料もらえると、旅館管理業の方の赤字補填にも使えます。
今は事務局の門口君と運営してるだけなので、基本的に経費が掛かりません。
去年から思い切り筋肉質になったので、耐えられる様になってきました。
僕はとりあえず大家として生きていけるとは思っていますので、既に物件持ってる大家さんの為にもきっちりとやっていきます。

話は変りますけど、建築基準法が変って40平米以下のアパート新築するときは、10戸超えたら駐車場を戸数分作れととか言われたり、なかなか大型アパートは大変です。
土地の高い土地はなかなか40平米超えるとさすがに利回り取れなくなりますから、知恵の使いどころです。
日々楽しく土地探ししています。

11月15日(日)
郊外型吹き抜けアパート現地物件見学セミナー
川崎市市内白岩が初めて企画して新築した18世帯の混構造3階建ての物件内でのセミナーです。ここは、大家としての白岩原点です。
» セミナーお申込み

ご相談もご遠慮なくどうぞご連絡下さい。
» ご相談はこちらから


本物の資産家というのは驚きの質素さと腰の低さに驚嘆!

2020年10月22日相続ブログ

先日、お世話になってる方から、ある方をご紹介をして頂きました。
この方は将来の相続に向けて不動産投資をお考えでして、銀行から勧められてマンションの購入を考えていました。
その物件を見て欲しいとのことでして、某駅で待ち合わせしてお会いしました。
お迎えにはその方とお嬢さんがお二人が車で来てくれました、運転はお嬢様がしてくれて、そのマンションとさらに勧められてる更地を見せてもらったのです。

その後にランチをご馳走になり、その席で雑談風味になってしましましたが、不動産投資の話、相続税の話とかその方の創業時代の話とかも伺いました。
不動産投資や相続に関しては、僕の思ったことを忌憚なく話させてもらいましたが、そこで感じたのは、本当に普通に接して頂き、飾り気が全くなく、温和なご家族でした。

何故、そう感じるかというと、僕が今までお会いした中でも類例がないほど、天文学的な金融資産をお持ちの方でして、その方々がこういうのも失礼ですけど、地味で本当に飾り気がなくて、フランクに接してくれて、ある種感動を覚えました。
本当のお金持ちはこんな感じなのかと思ってしまいました。
最後に不動産投資に関することをお手伝いして欲しいと正式依頼されまして、こちらも身が引き締まる思いです。

ちょっと、思ったのですが、このコロナ禍でオーナーさんたちも苦しんでいるときに、自己責任を振りかざし、赤字だということでインバウンド管理会社を廃業して逃げたら、どこかで神さまは見ていて自分に返ってきたと思っています。
今年に入って6千万円の赤字を出しても踏ん張って来たことを神様が見てくれていたのだと思っています。
コロナが収束したらピンチをチャンスに変えて一気にいけると思っていますし、その為の努力も心苦しいリストラもして、その時の為の準備をしています。

今後も今ある管理を徐々に改善しながら、不動産投資セミナー、相談会、などを続けていくので宜しくお願いします。

11月15日(日)
郊外型吹き抜けアパート現地物件見学セミナー
川崎市市内白岩が初めて企画して新築した18世帯の混構造3階建ての物件内でのセミナーです。ここは、大家としての白岩原点です。
» セミナーお申込み

ご相談もご遠慮なくどうぞご連絡下さい。
» ご相談はこちらから


賃貸併用住宅の将来性は抜群であるということ

2020年10月16日賃貸併用ブログ

賃貸併用住宅というのは今みたいに先が不安定な時にこそ、将来のパワーと安心感を発揮するツールとなると思っています。
実際に工務店経営者の亡き父のアドバイスで51年前に賃貸併用住宅を建てたご夫婦は既に他界されていますが、残された娘さんと言っても70歳になりますが、現在国民年金7万円にプラスして6万円×4世帯=24万の賃料が今も入っていきます。

くどいようですが、51年前に建てたものです、更に最後の入居者は11年前に入ったので、現在11年間満室中です。
これが、立地を間違えない限り、賃貸併用住宅のパワーと安心感です。
通常にマイホームである専用住宅を建てたり、マンションを住宅ローンで購入して、それをサラリーで払う場合をちょっと比較してみて考えてみると一目瞭然です。

例えば、1階に2世帯の賃貸を併設して、10万円×2世帯の賃料が入るだけで、住宅ローンから毎月20万円の支払いが減ります。
この支払いが減った分を子供の教育費をサラリーからでなく賃料から回すことが出来ます。
そして、将来退職してからの老後に住宅ローンが終わっていれば、それが個人年金になります、
もし、高級有料老人ホームに入る時はそのまま売っても更地にして売っても良いですね。
そして、そのまま住み続けて最後は子供の住宅として相続させても良いのです。
この様に賃貸併用住宅は、とにかく応用がききます。

と言うことで、今度の出版記念不動産投資セミナーは賃貸併用住宅についてやります。
主に世田谷区内の物件を見て頂きながら、白岩が解説させてもらいます。
今回は白岩の新刊買って頂いた方が参加出来ます、もし、本が買えなくてもこちらで用意していますので、ご安心下さい。

ご参加はこちらから
» セミナーお申込み

ご相談もご遠慮なくどうぞご連絡下さい。
» ご相談はこちらから

10月18日(日)
【出版記念】10月18日(日) 賃貸併用住宅をお考えの方向けセミナー
これからの時代住宅ローンを35年間サラリーだけで返済出来ますか?
賃貸併用住宅についてリアルに想像してもらうセミナーです。
» セミナーお申込み

タイトルとURLをコピーしました