セミナー実績

【第5回】良い物件、普通物件、悪い物件散歩セミナー

あいにく雨の中の現場セミナーとなりましたが、キャンセルもなく皆さん楽しく参加して頂きました。
今回の満室王子穴澤さんによる「良い物件、普通物件、悪い物件散歩セミナー」は前回やったときに好評だったため、物件を変えて定期的に開催していきたいと思います。
失敗例として案内したのは6世帯のデザイナーマンションで駒澤大学駅徒歩5分にもかかわらず空室が3部屋となっています。普通に考えたら空室率が50%になるような立地ではないです。
良い物件として案内したのは、築15年ぐらいで駒沢大学駅徒歩10分のアパートです。案内した部屋は今月退去となったばかりですが、既に入居申込みが入っていました。
当たり前ですが、大家さんにとって賃料を得ることが1番大事です。何よりも空室対策が最も重要となります。
不動産投資で物件を所有するなら、入居付けを意識した立地、建物、客付け業者や管理会社を考えながら物件を選んで下さい。

タイトルとURLをコピーしました