メッセージ

はじめまして、白岩貢と申します。
私は工務店経営していた父から相続したアパートと自分で企画した物件も含めて、世田谷・目黒を中心にアパート6棟61室と貸家4軒所有してる大家です。

その傍ら不動産投資を始めたい、物件を持ちたい・・・そんな大家さんと大家さん志望の方を対象とした実験的勉強会主宰しアパートつくりのサポートをかれこれ10数年行ってきました。

私がはじめて自分自身の企画物件として、吹き抜け型アパートを企画をはじめたのが2002年からです。
それ以来350棟あまりのアパートつくりのサポートをしていましたが、プランは一つだけでなく、その時代に求められる賃貸物件を、入居者目線で考えて形にしてきました。
もちろん、立地にこだわるという軸はズレませんでした。

これから大家さんになる、既に大家さんになってる方、不動産投資は長期に渡りする投資です。
冷静に考え、ご自身の豊かな生活、そしてお子さん方、お孫さんまで豊かな生活が出来る様な仕組みを構築して下さい。

旅館アパート

ブランド立地というのは日本人をターゲットにしても外国人をターゲットにしても大きな差はありません。
東京でのインバウンドに強い地域は渋谷ブロック、浅草ブロック、新宿ブロックです。

この地域2戸、4戸、6戸の旅館アパートを建築するとかなり、リターンが見込めます。
普通の2世帯、4世帯のアパートが用途地域さえ適合していれば簡単に簡易宿所の許可が取れます。

許可が取れると賃貸物件のレベルが変わります。
ひと部屋50万前後に賃料が跳ね上がります。
これは、ちょっとヤバいです、癖になってしまいます。

吹き抜け型アパート

吹き抜け型のアパートの入居者は20代~30代のカップルが中心と考えています。
中でも8割を占める同姓カップルがメインターゲットとなっています。

そのために賃料が10万円~13万円くらいの価格帯にしてカップルが無理なく払えて、吹き抜けがあり空間が楽しめるアパートをブランド立地に敷地延長の土地に長屋式の建物を新築します。

いわゆる普通のアパートより差別化できるので入居に有利になります。
これは、安定的な経営が出来ます。

賃貸併用住宅

ブランド立地に住宅ローンで自宅がローンの負担が考えられない位の軽で所有できます。
50%以上自宅部分があれば、残りを賃貸住宅ろして貸し住宅ローンの返済の原資にします。
住宅ローンはアパートローンと違い返済比率だけで考えます。
したがって低金利で35年という長期間の融資が組めますのでブランド立地に自宅を持てます。既に、代官山や池尻大橋や三軒茶屋など賃貸併用住宅を所有する為、多数サポートさせてもらいました。

シェアハウス

渋谷区、目黒区、世田谷区で既に運営をさせてもらっています。
主に女性専用のシェハウスは狭い敷地で効率の良い賃料が取れます。
しかし、立地はアパートよりシビアですので、新規に考える場合土地の情報が全てです。
入居者の集客は独特でして、シェハウス専門サイトで募集しています。

中古リノベーション

親の家や住まなくなった自宅や今お住まいの自宅などをリノベーションにして旅館アパートやシェハウスなどに有効利用出来ると安定した人生を親も自分もおくれる等になります。
まずは、用途地域を確認して、最大限利用しましょう。